前へ
次へ

花粉症治療も軽い症状ならOTC医薬品を活用

ポカポカ陽気の春の日差しは気持ちがよく、花々が咲き乱れる時期は心も踊りますが、3月から4月にかけて全国的に悩ましいのが花粉です。春に春とお花見で人が集まりますが、耳鼻科や内科などでは花粉症のために人が集まります。お薬の処方をしてもらい一時的に辛い花粉症の症状を止めることができますし、注射を打つことで花粉症の辛さから解放されるなど、医療機関での花粉症治療はこの時期大変ありがたいです。花粉症の治療に関しては、症状を適切な医薬品でコントロールするのが一般的なやり方であり、すぐに病院へ行けないなら市販薬を利用することもできます。ドラッグストアではOTC医薬品の種類も豊富ですから、お店にいる薬剤師に相談をして医療用医薬品成分配合の市販薬を選ぶのも一案です。まだ比較的症状が軽くて、忙しくて病院に行けないのなら、我慢をするよりも市販薬を活用する方が賢いと言えます。でも1週間くらい市販薬を飲んでも症状がイマイチなら、時間を作って病院へ行くことです。

Page Top