前へ
次へ

医療にかかるためのポイント

医療機関を受診し、『風邪ですね、お薬出しておきます』と医師から伝えられれば、大概、『ありがとうございました』というだけで、インフォームドコンセントもないでしょう。これが、『すぐにでも手術が必要です、同意書にサインをしてください』といわれれば、インフォームドコンセントやセカンドオピニオンを受けるはずです。事前に、かかりつけ医師から手術が必要になる可能性を指摘され、紹介状を持たされたら、伝えたいことはメモして準備するよりもかかりつけ医師に相談するのがベストです。紹介状にも、不安な点を付け加えてくれます。よりよい関係づくりは医師や看護師、薬剤師側がつくるものではなく、自分にも責任があります。自らもコミュニケーションを図りましょう。自覚症状があれば伝え、病歴も診断のための材料になります。もちろん、緊急性がない手術なら、検討するために自宅へ帰宅できます。その場合には、変化もメモしておきましょう。しかし、医療にも確実なことはありませんし、限界もありますから、それも念頭に入れておきましょう。

Page Top